トミー爺さんくしまで唄う・カントリーソング

今日は、串間在住のスーパーミュージシャン
Tommyコト渡辺富正さん82歳&kenコト中川研児さん70歳
を紹介します。
Tommyさんは、学生時代からカントリー・ミュージックを愛され現在も現役のシンガーで
ハーモニカを首にかけギターを弾きながら唄うと言うスタイルで演奏されています。
また、楽曲の中には、串間に因んだ歌詞を作詞されたり、訳詩されたりされています。
kenさんは、5年前に滋賀県からアイ・ターンされ、ボランティア団体「元気クラブ」を設立され代表として活躍される中、Tommyさんと出会いウッドベースを担当され、
現在はC&Wのベースマンとして息の合った演奏をされています。

今回は、ご両人の演奏を下に私の画像をイメージして動画を編集しましたので、
Tommy&ken さんのカントリーソングをお聴きください。


        テネシーワルツ

        都井岬ホース・ソング

        日南海岸の海

        ユー・アー・マイ・サンシャイン

        故郷へ帰りたい



ホームページ 南日本探訪

[PR]

by kushima-yt | 2012-04-19 12:55 | 演奏会  

<< 飫肥城下まつり 友人が作詞した「哀愁の都井岬」... >>